土地購入で覚えておきたい用途地域とは?

土地購入で覚えておきたい用途地域とは?

マイホームの建築を検討しているという人は沢山いると言われていますが、注文住宅を建築する場合は土地選びからスタートする場合も多いでしょう。
注文住宅を建築したいと考えて土地を購入するのであれば、あらかじめ用途地域についてよく確認しておかなければなりません。
不動産はどのような建築物を建てても良いかという基準となる用途地域が定められているので、工業地域に住宅を建築することはできず注意が必要です。
またどのような用途の土地かによって周辺地域の治安も変わってくるので、購入する前によく確認しておきましょう。
商業地域なのか住宅地域なのかや、建物の高さ制限などが設けられているのかといった観点から、理想とする注文住宅を建てられる不動産であるかよく見極めなければいけません。
不動産にあまり詳しくないことから自分だけで判断するのが不安だという場合は、建築業者の担当者にも相談に乗ってもらうのが安心できるのでおすすめです。

土地を購入する際には低層住居専用地域があることに注意

注文住宅を購入する際には最寄駅からの距離や周辺施設が充実しているかなど、様々な観点から納得のいく不動産であるかどうかを判断する必要があります。
多くの人が見落としがちなのが土地に関する規制についての情報で、よく確認しておかなければ希望する建物が建築できないかもしれません。
理想の注文住宅を建築するために土地を購入したのに、規制によって思っていた住居が建築できないという状況になってしまっては勿体無いです。
特に低層住居専用地域は低い建物しか建てられないという厳しい決まりがあるので、購入する際にはそれでも問題ないかよく確認しておきましょう。
低層住居専用地域には高い建物が建てられないというルールがありますが、周辺地域も建物も同様である場合は日当たりの良い土地を入手しやすいかもしれません。
メリットとデメリットがあるので比較検討したうえで、自分のライフスタイルや理想とする注文住宅の建築に適した土地を購入するのがおすすめです。

筆者:島貫彰

筆者プロフィール

茨城県那珂市生まれ。
土地購入について知りたい方へ、役に立つ情報をまとめて記事にしています。