土地購入の知識で覚えておきたい2項道路とは?

土地購入の知識で覚えておきたい2項道路とは?

住宅を新築をするために必要な土地を購入するのであれば、気をつけるべき点が複数あります。
その中のひとつにまずは建築基準法第42条1項で、道路とは幅員が4m以上あることをその条件とされています。
また、同法43条において都市計画法区域内では、そこに2m以上接しているべきと明確に規定されているのです。
ただし、建築基準法施工前から建築されている建物には、この規定で定められた要因を満たしていないケースがあります。
このケースに限り同法第42条2項では、特に2項道路として認定すると記されています。
その土地に住宅を新築または改築しようとする時には、改めて4m以上の幅がある道路に接していることが求められます。
そのために敷地の一部を提供することにより、境界線を敷地内に後退させるセットバックという方法で対処しなければなりません。
結果として面積が狭くなる土地を同額で購入しなければ、家を建築することが認められなくなります。
公簿上などで旧家屋が建っていた場合、接する道路の幅員が4m以上であるかの確認は必須となってきます。

土地のセットバックとはどういうことなのか

土地を選んだり探したりしているときに、セットバックという用語に出くわすことがあります。
これは何を意味しているのでしょうか。
これは、用地の境界線から一定以上の間隔を確保しつつ建物を建てることを指します。
実は、土地の種類によっては、現在そこに建てられている物件の有無とか内容などとは関係なく、何か新しく建築する際の要件を満たしていないとされることがあって、その理由の一つに前面道路の幅があります。
火事とか災害時の緊急車両の進入や活動を考え、ある程度以上幅の広い道路に接していなければならないとされますが、昔からある住宅地では今の基準に照らすとこれを満たしていないことがあるわけです。
このような場合、では建築を諦めるしかないのかというとそういうわけではなく、境界線から一定の幅の土地を道路に供することでこの基準をクリアできることがあり、これをセットバックと呼んでいます。
道路に供する以上は自分の土地でありながら自由にはできませんが、それを上回るプラスもあるわけです。

筆者:島貫彰

筆者プロフィール

茨城県那珂市生まれ。
土地購入について知りたい方へ、役に立つ情報をまとめて記事にしています。